ステビア育ちステビア育ち

ひとくちで違いがわかるステビア育ちひとくちで違いがわかるステビア育ち

みなさんは、ステビアをご存知ですか?ステビアは主に甘味料として使われている植物で、南米パラグアイ原産キク科の多年草植物です。チクロ・サッカリンに代わる代替え甘味料として日本に導入したのが始まりです。

ステビアを堆肥へ混ぜて畑にまくと、土の中の微生物が増殖・環境を整え、作物の根が張りやすい状態になります。また、ステビアそのものが甘味料として使われているので、畑で育った果物なども甘くなる効果があります。

このページでは、当社で取り扱っている商品をご紹介します。

商品一覧

  • 青森産やませにんにく青森産やませにんにく

    厳しい冬の寒さの中でさらに甘味を増し、栄養を蓄えたイチ押しのニンニクです。 【内 容】3個パック/6個パックの2タイプから選べます。 【価 格】3個パック:1,050円/6個パック:2,100円

ステビア育ちの仲間たち

にんにく

にんにくとは

にんにくは、ネギ科の多年草で、球根部分を香辛料として用います。香味が強く肉の臭みをカバーするので、世界各国の料理で用いられます。

滋養強壮効果も注目されていますが、食事の臭みが抜けにくいため、敬遠する方が多いのが残念・・・。

ステビア堆肥の利用

熟成の過程で臭みが消え、食べやすくなるという「黒にんにく」が商品化されています。ステビア育ちのにんにくは糖度が高いのが特長。黒にんにくにすることで、糖度の高さをうまくいかすことができました。ステビア堆肥でこんな効果が!